年賀状印刷はらくらく年賀状

安い!簡単!年賀状印刷は
らくらく年賀状にお任せ下さい!

年賀状印刷に+ひと手間!相手に喜ばれる年賀状とは?

今回は年賀状印刷について、どんな年賀状がより相手に喜ばれるのかをご紹介したいと思います。

せっかくの年始のあいさつ、どうせ作るなら相手に喜んでもらうほうがいいですよね!

喜ばれる年賀状

どんな年賀状がいいかということだと、最も多い意見は「手書き」のものだそう。

とは言っても、100%手書き!というわけではなく、一部でもいいので「手書き」の部分があったほうがいい、という意見でした。

カラフルで鮮やかなイラストや写真などが利用できるテンプレートは年賀状印刷ならではのものですが、そこに一言だけでも、印刷ではないなにかしらの手書きの部分があったほうがその人の人柄や思いが伝わるように感じます。


では、そこに添える「一言」についてはどのようなものが喜ばれるのでしょうか。

できれば、誰にも対しても使える画一的なメッセージではなく、相手のことを気にかけていることが伝わるようなメッセージが嬉しいもの。

例えば

・自分がした仕事への感謝の一言があった。

・友人と以前遊んだ思い出が書いてあった。

・私の体調のことを気遣う文章だった。

など、「自分のための文章」であることが嬉しいという意見が多く上がりました。

また、長年会っていない人からだと、生活感のある内容の文面や写真、「元気です」など近況がわかるようなメッセージもうれしいようです。

例えば

・退職して長く会っていない後輩から届いた、元気でやっているのが分かる近況入りの年賀状が届いた時

・なかなか連絡の取れなかった友人から何年ぶりかにもらった年賀状

・年賀状と通してしばらく会っていなかった人の結婚がわかったのがうれしかった

もらった側も自分へ当てたひと言が入っていたり、また送る側の近況が伺い知れるような文面だと、うれしさもひとしおだと思います。

いずれにせよ、時間をかけて書いたのだろうなぁと相手に感じさせる年賀状は、真心や温かみが伝わりやすいものです。

ガッカリさせてしまう年賀状

逆にガッカリさせてしまうような年賀状の特徴は何でしょうか。

あまり喜ばれないのは、新年明けて郵便局やお店から届くDMのような年賀状です。(郵便局からの年賀状、人によっては嵐から年賀状が届いて嬉しいかもですが・・・)

同じように友人や知り合いからであっても「手書きのコメントがない」年賀状もあまり喜ばれないようです。。
冒頭に述べたように、100%印刷のみで済ませたような年賀状だと、やはり「送る相手への思いやり」が感じられず、もらったほうとしてはちょっとガッカリ・・・という感覚になってしまうそう。

また、これは常識ですが「名前を間違えている」というものも。
特に名前の漢字を間違えていたという声が多かったですね。
私自身も名前に少し難しい漢字が入っているため、小学生の頃はよくクラスメイトから漢字間違いの年賀状をもらったものです。
子供のころはそれでもほほえましいものですが、社会人になるとマナーや一般常識を疑われかねません。
宛名は作成する前、投函する前に今一度しっかり確認しておきたいものですね。

他にも、これは思わず笑ってしまうような事例ですが、「切手代の不足分を徴収された年賀状」なんていうのも(笑)。

年賀状、これってどうなの?

一方でこれはよろこばれるのか、不快にさせてしまうのかわからないという声が多く寄せられたのが

「子供の写真入りの年賀状」。

相手の近況や、家族の様子が伝わってうれしいという人もいれば、相手がまだ独身の人には届いてもなかなか辛い年賀状になってしまうこともあるようです。

中には送る相手が独身の場合だけ、年賀状にのせる写真を変えるという人もいるようです。

年賀状作成、年賀状印刷の前に、送る人がどんな人なのか、考えてみてもいいかもしれません。

年賀状の喜ばれる一言

さて、では年賀状の喜ばれる、気のきいた年賀状のメッセージとはどのようなものでしょうか。


パターン別にいくつかご紹介していきます


■義理の両親へ送る年賀状の場合

子ども(義理のご両親にとっては孫になりますね)や義母の手料理や相手の健康を気遣うなどの一言が喜ばれるようです。

・○○○(子供の名前)が健やかに育っているのはお父さん、お母さんのおかげです

・お母さんの手料理の○○○が食べられるのを楽しみにしています。帰省の際には是非作り方を教えてください!

・寒い日が続きますが、ご健康には留意ください

など


■友人へ送る年賀状の場合

年賀状だからと言って、硬すぎる文面より、普段のあなたらしさが伺える、フランクさが感じられるものが◎
滅多に会えないような相手には、自分の近況を軽く伝えるのもいいかもしれません。


・久しぶり!元気にしてますか?
おかげさまで、先月新しい家族が誕生しました。
今年こそは久しぶりに会えたらいいですね!

など


■目上の方へ送る年賀状の場合

常日頃の感謝を伝えるとともに、これからも変わらぬ指導を願う気持ちを書くと貰った方も嬉しいものです。 フランクなのも考えものですが、堅苦しすぎない素直で謙虚に自分らしい言葉のほうが読み手の胸に響きます。

・○○さんから、いつもよい影響をいただいております。
本年もご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

・いつも心からの叱咤激励、ありがとうございます。
今年はさらに成長できるように、がんばってまいります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

・いつもお心遣いいただいてありがとうございます。
今年も一生懸命、励んでまいります。ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

など


また、相手がどなたであっても

・お身体を大切に

・いかがお過ごしでしょうか

などの

相手の健康を気遣うメッセージや、

・旧年中はお世話になり、ありがとうございました

などのありがとうの気持ちをつたえる感謝を込めたメッセージは嬉しいものです。

また

・すばらしい一年になりますように
・よい年になりますように

などの相手の幸せを願うメッセージも年賀状ならでは。

・近いうちにお会いできますように

という、次につながるような一言も気の利いた文面と言えます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

新年の最初のご挨拶の年賀状、印刷したその後に添える一言にも心を配って、常日頃の想いを相手に素直に伝えてみませんか。

そのような年賀状は、貰った方も思わず顔がほころんでしまいます。

年賀状を通して、みなさんの新年が笑顔の多い新年になりますように願っています。


カンタン!安い!
らくらく年賀状を使ってみる

そのほかの年賀状印刷コラムはこちら

トップページ