らくらく年賀状ロゴ

簡単!安い!
年賀状印刷の事ならお任せください

喪中はがきのマナーについて

喪中はがきを出す時期、送る範囲、喪中同士の場合など、正しい書き方とは

喪中はがきは、12月初旬には投函するのが目安です。
喪中は(服喪期間)、死者を偲ぶ期間で、忌開け(四十九日)を過ぎて半年から〜1年くらいを「喪中」とするのが一般的です。
この喪中には、年賀状で新年の挨拶を控えるのが昔からの風習であり、年賀状のやりとりをしている相手に「喪中はがき(年賀欠礼)」の挨拶状を出すようにしています。

「喪中はがき」とは本来、「年賀欠礼の挨拶状」であり、親族に不幸があり喪中のため、年賀状をご遠慮する旨の挨拶状となっています。
そのため、先方が年賀状の用意を始める前に手元に届くよう発送する必要があります。

また、年の前半などに身内に不幸があり、「忘れないように」と思い早く出し過ぎてしまうと、「相手も忘れていることがある」ということになりかねないので、年賀状の準備に取り掛かる時期を見計らった11月中旬〜12月初旬までに届くようにするのがマナーとされています。

喪中はがきを送る範囲とは

喪中はがきを送る範囲は厳密に決められているわけではありませんが、基本的に喪中はがきは1年以内に2親等内の親族が亡くなった場合に送る必要があります。

故人との関係で2親等にあたる続柄とは、下記の方が当てはまります。
・故人の1親等:両親、配偶者、子
・故人の2親等:兄弟姉妹、祖父母、孫

なぜ2親等であるのかというのは、特別な理由があるわけではありません。2親等以内であっても「同居していないから」という理由で送らない方もいますし、故人とのつながりが深かったから2親等ではないが送る方もおられます。

自身が喪中はがきを出す必要があるかどうかは「生活を共にしていたか」というのが、ひとつの目安とすると良いかもしれません。
誰かれかまわず出せば良いというものではありませんので気を付けましょう。

喪中同士の場合は

なかなか無いかもしれませんが、相手も喪中の場合があります。
喪中はがきは年賀欠礼の挨拶状ですので、相手も喪中という場合でも喪中はがきを送っても問題なく、もちろん相手から喪中はがきを受け取っても問題ありません。

自分が喪中はがきの準備をしている時に先に相手から喪中はがきが届いたという場合は、相手に送る喪中はがきにお悔やみの言葉を一筆添えて出すのが一般的です。

もし相手も喪中で喪中はがきを出すのに抵抗がある方は、喪中はがきではなく寒中見舞いを出すと良いかもしれません。

喪中はがきを送る相手の判断方法

喪中はがきは、基本的に普段年賀状のやり取りをしている方を対象に送ります。
故人の葬儀で喪主を務めた場合には、故人と生前に年賀状のやり取りをしていた友人や知人、葬儀の参列者にも送る必要があります。

ただし、すでに喪中であることを知っている親族や親戚などには送る必要はありません。
また、会社の取引先などビジネス関係で年賀状のやり取りをしている方に関しては、余計な気を使わせる事になるため、喪中はがきは送らなくて問題ありません。


喪中・寒中はがきをつくる

寒中見舞いのマナーについて

寒中見舞いを出す時期、喪中時の注意点、正しい書き方とは

寒中見舞とは

寒中見舞いは、寒さが厳しい季節に送る季節の便りの一つです。
この季節、みずみずしい野菜や果物が手に入りにくく、家にこもりがちな時期でもあり、風邪が流行する季節でもあります。
一年の中で最も寒い季節を迎え、寒中見舞いという書面 (手紙やはがき)を通して相手の体調を気遣うとともにこちらの近況を伝えます。
さらに、寒中見舞いの使い方として下記のような使い方があります。

・喪中の方へ、年賀状の代わりに出す挨拶状
・喪中と知らずに年賀状を出してしまった方へのお詫びとお悔やみ
・喪中で年賀状を出すことが出来なかった場合の年始の挨拶状
・喪中と知らずに年賀状をくれた方への報告とお詫び
・年賀状を出しそびれてしまった方へのご挨拶や遅れたことのお詫び
・年賀状を出さなかった方からいただいた場合のお返事

寒中見舞いを出す時期は

一年で一番寒い時期に、相手の健康を気遣って出す手紙の事を寒中見舞いと言います。
寒中見舞いは、松の内(1/1〜1/7)があけてから立春までの間に出します。
※相手に1月7日に着くことを考えると、出す時期としては1月5,6日頃〜が妥当と言えますが、始まりには以下のような解釈があります。

この1月8日以降というのが、一般的で1月7日の松の内(門松などを片付ける日)を過ぎた1月8日から節分(立春)の前日の2月3日までが、一番多く用いられています。

関西では松の内が1月15日のところもあるようです。喪中に関係なく、年賀状とは別に寒中見舞いを出す人にとっては年賀状から間隔が空いているので良いでしょう。

寒中見舞を出すのは一年で最も寒い季節であり、立春を過ぎるあたりの期間、1/8日頃〜2/3頃に配達されるのが一般的なマナーと言えるでしょう。

忘れても大丈夫!「余寒見舞い」でしっかり挨拶を!

立春である2/4頃を過ぎてしまい、挨拶状が送れていない方でも「余寒見舞い」と名目を変えて送ることで対応が出来ます。
これは、春になってもまだ寒さが残っているという意味で「余寒」となります。
一般的に「余寒見舞い」は立春が過ぎてから2月末までの間に出すとされていますが、寒い地方宛てに出す場合は3月上旬くらいに出しても構いません。

喪中時における寒中見舞いの注意点とは

本来、寒中見舞いは暑中見舞いと一緒で季節の挨拶なので、決まった注意点はないのですが、喪中である場合にはいくつか注意しなければいけないことがあります。

・年賀はがきは使用しない。
・正月に関係する定番の写真やイラストは使用せず、落ち着いたデザインにする。
・「拝啓」や「敬具」などの頭語や結語は不要
・「年賀状」という言葉は駄目、使用するなら「お年始状」
・喪中はがきを出していなかった相手の場合は、その事に対するお詫びの一文を書いておく
・期限を守って出す
・季節の挨拶は少し大きめの文字で書く
・印刷ハガキを使用する場合にも手書きで一筆添えると好印象


喪中・寒中はがきをつくる