らくらく年賀状ロゴ

簡単!安い!
年賀状印刷の事ならお任せください

寒中見舞いのマナーについて

寒中見舞いを出す時期、喪中時の注意点、正しい書き方とは

寒中見舞とは

寒中見舞いは、寒さが厳しい季節に送る季節の便りの一つです。
この季節、みずみずしい野菜や果物が手に入りにくく、家にこもりがちな時期でもあり、風邪が流行する季節でもあります。
一年の中で最も寒い季節を迎え、寒中見舞いという書面 (手紙やはがき)を通して相手の体調を気遣うとともにこちらの近況を伝えます。
さらに、寒中見舞いの使い方として下記のような使い方があります。

・喪中の方へ、年賀状の代わりに出す挨拶状
・喪中と知らずに年賀状を出してしまった方へのお詫びとお悔やみ
・喪中で年賀状を出すことが出来なかった場合の年始の挨拶状
・喪中と知らずに年賀状をくれた方への報告とお詫び
・年賀状を出しそびれてしまった方へのご挨拶や遅れたことのお詫び
・年賀状を出さなかった方からいただいた場合のお返事

寒中見舞いを出す時期は

一年で一番寒い時期に、相手の健康を気遣って出す手紙の事を寒中見舞いと言います。
寒中見舞いは、松の内(1/1〜1/7)があけてから立春までの間に出します。
※相手に1月7日に着くことを考えると、出す時期としては1月5,6日頃〜が妥当と言えますが、始まりには以下のような解釈があります。

この1月8日以降というのが、一般的で1月7日の松の内(門松などを片付ける日)を過ぎた1月8日から節分(立春)の前日の2月3日までが、一番多く用いられています。

関西では松の内が1月15日のところもあるようです。喪中に関係なく、年賀状とは別に寒中見舞いを出す人にとっては年賀状から間隔が空いているので良いでしょう。

寒中見舞を出すのは一年で最も寒い季節であり、立春を過ぎるあたりの期間、1/8日頃〜2/3頃に配達されるのが一般的なマナーと言えるでしょう。

忘れても大丈夫!「余寒見舞い」でしっかり挨拶を!

立春である2/4頃を過ぎてしまい、挨拶状が送れていない方でも「余寒見舞い」と名目を変えて送ることで対応が出来ます。
これは、春になってもまだ寒さが残っているという意味で「余寒」となります。
一般的に「余寒見舞い」は立春が過ぎてから2月末までの間に出すとされていますが、寒い地方宛てに出す場合は3月上旬くらいに出しても構いません。

喪中時における寒中見舞いの注意点とは

本来、寒中見舞いは暑中見舞いと一緒で季節の挨拶なので、決まった注意点はないのですが、喪中である場合にはいくつか注意しなければいけないことがあります。

・年賀はがきは使用しない。
・正月に関係する定番の写真やイラストは使用せず、落ち着いたデザインにする。
・「拝啓」や「敬具」などの頭語や結語は不要
・「年賀状」という言葉は駄目、使用するなら「お年始状」
・喪中はがきを出していなかった相手の場合は、その事に対するお詫びの一文を書いておく
・期限を守って出す
・季節の挨拶は少し大きめの文字で書く
・印刷ハガキを使用する場合にも手書きで一筆添えると好印象


寒中はがきをつくる